浮世絵で見る江戸・日暮里

第5回 箕輪金杉三河じま

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:荒川なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

お江戸に鶴が舞い降りた

蔵三さん、ついにわたしたちの新企画「大江戸四方山話」が始まりましたね。



どこが“わたしたち”なんだよ。キミはただすっとぼけた質問を繰り返すだけじゃねえか。あれはね、同じ地域について語ると、どうしても話がタンチョウになりがちだから、少しテーマを変えて変化をつけようということだよ。そんなわけで、今回の「日暮里今昔」で取り上げるのもタンチョウをクローズアップした広重の「箕輪金杉三河じま」というわけだ。

単調と丹頂鶴のシャレ? またノッケからオヤジギャグ…。



丹頂をバカにしちゃいかんよ。丹頂と言えば丹頂チック。ワタシも昔はちょっとツッパってたから、髪の毛がフサフサしてる頃に愛用してたもんだ。柳屋ポマードってのもあったけどね。

何のことだかさっぱりわからない。髪の毛がフサフサっていう話も信じられないし。



ああ、昭和は遠くなりにけりだな。丹頂はブロンソンのCMがヒットして以来マンダムと社名を変えたけど、丹頂チックだけは今でも販売している。日航だってロゴマークの鶴丸を変えてから“失墜”したから、今は復活させているだろ。タンチョウをおろそかにしてはイカンということだな。

それとこの浮世絵とどう関係があるのよ。



大ありですよ。丹頂鶴というのは赤、白、黒のコントラストも、飛ぶ姿も立ち姿もいかにも優美だろ。この絵に限らず、古来から長寿の象徴として美術品の重要なモチーフになってきたんだ。もっとも、よくある絵柄の「松に鶴」というのは実際にはありえない構図なんだけど…。

どうしてありえないの? 松の木に鶴がいたっておかしくないでしょ。



鶴が木にとまることはないからね。あれはコウノトリの間違いだ。それより、この絵に大きな違和感を感じないか?


う〜ん、確かに。江戸にタンチョウヅルがいるっていうのはちょっと…。



そうだろ。ツルの中でも、日本でのタンチョウは、野生のものは北海道東部でしか見ることはできない。それが江戸にいたというのは、ちょっと驚きだろ。しかも三河島に。


三河島って、常磐線の三河島駅があるところ?



現在では三河島という住所はなくなっていて、西日暮里一丁目にあたるんだけど、そもそも徳川家康が江戸に入る際に、開墾のために三河の農民を連れてきたことが地名の元になっているらしい。この絵を見てわかるように、当時は荒川が氾濫する度に湿地帯になっていたんだな。ツルは湿地が大好きだから、ここに飛来していたというわけだ。

じゃあ、江戸にはタンチョウが普通にいたってこと?



北海道にたくさんいたのが、冬になると飛来してきたらしい。岡山の後楽園にも飛来して、珍重されていたらしいから、ロシアや中国から来たものも含めて、ほぼ全国にいたと考えていいんじゃないかな。

それがどうしていなくなっちゃったの?



環境破壊と乱獲だね。実は、江戸幕府は縁起の良い鳥ということで、タンチョウに限らず、ツルの捕獲を禁止していたんだ。それが明治になって規制がなくなったから極端に数が減った。

じゃあ、この絵に描いてあるタンチョウも幕府が保護していたの?



その通り。しかし、ここにいるタンチョウはちょっと意味が違う。捕獲して将軍に献上したり、将軍自身が鷹狩りの際に捕獲するために“飼って”いたわけ。


献上って、まさか食べちゃったりしないでしょうね。



そのまさかだ。ツルは吸い物にして、将軍の御膳に上がったらしい。「鶴は千年」というから、これを食べると長生きできるってな意味合いだろうね。


ふ〜ん。“飼って”いたっていうことは、誰か世話をする人もいたの?



絵の左下の方に小さく天秤桶を持った人が描かれているだろ。この人は近所に住む、通称「餌まきの平四郎」だ。餌をあげる以外にも、犬が入り込まないように監視していた。近所の子供は、タンチョウが驚くからということで凧揚げさえできなかったらしいよ。

将軍のペットなんだから仕方ないかもね。でも、最終的には殺しちゃうんでしょ。



一羽か二羽限定だけどね。将軍が鶴を捕獲する鷹狩りは「御鶴成り」、捕獲した鶴は「御拳(おこぶし)の鶴」なんて言われていたんだ。趣味というよりは、公式行事に近かったんじゃないかな。

でも、タンチョウって北海道でも今は数が少なくなっているのよね。



国の天然記念物で絶滅危惧種でもある。国際的にも学名が「日本の鶴」を意味する「Grus japonensis」というくらいだからね。今の政府にも、江戸幕府と同じくらい大切にしてもらわないとね。

ページトップへ戻る